<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008年 01月 28日
   スローな時の流れを 01 <想いびと (憧れの君)>
f0046158_23354845.jpg


            さり気なく ふりむく君は シクラメン

            秘めやかな 香りは囁き 篝火草(シクラメン) 
            てつまん さんから句をいただきました。

            シクラメン 雪舞う窓の 暖かさ
            マイルド さんから句をいただきました。

『・・・・・・ 出逢いの時の君のようです ためらいがちにかけた言葉に
驚いたようにふりむく君に 季節が頬をそめて過ぎてゆきました』

小椋佳の”シクラメンのかほり”が懐かしく想い出され、ここしばらく
思いを巡らし、この写真から連想される五・七・五からなる短い詩を
作ってみました。また、青春の想い出も少し入っています。
[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-28 00:00 | 草花
2008年 01月 14日
   ひさびさの試み
ポジフィルムはタムロンのマクロレンズ(90mm)を用いて数回使った
だけで、およそ10年ぶりでしょうか? 新鮮そのものです。
自宅の蝋梅を RDP Ⅲ ( PROVIA 100F ) のフィルムを使って、
α-7 と STF135mmレンズ の組み合わせで撮影しました。
当分の間、ライトボックスとルーペで鑑賞する予定です。

デジタル一眼カメラにはない、スローな時の流れも楽しみたいと・・・・

☆HAKUBA ライトビュアー7000PRO
  W388×D256×H22mm
  相関色温度 5000 K
  平均輝度 1400±300cd/m2 インバーター内蔵

☆HAKUBA ドームルーペ 3.5×
  P-86 レンズ直径60mm

☆FUJIFILM プロフェッショナルルーペ 10×
  レンズ構成:1群2枚(マルチコーティング)
  40mm×H42mm

f0046158_132824100.jpg
f0046158_13281021.jpg

f0046158_22305965.jpg

 αSD + Jena Flektogon 35mm F2.8 (シルバー金属絞りリング)  


[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-14 13:28 | 機材
2008年 01月 12日
   RVP100 E100 VS の略号は?
 ブログにお世話になり、2年が過ぎましたが、みなさんの写真を拝見させていただき
構図や色彩など多いに刺激をいただき、また、参考にして真似もさせていただきました。
東洋蘭の写真もありましたが、この2年間で、天道虫の写真スタイルも決まってきて
キーワードが ”花マクロ写真” ・ ”風景写真” ( ”街角写真” ) と・・・・・
 
 ミノルタのαレンズが得意とする優しいボケ味と、天道虫の写真スタイルとが一致して
いることを最近になってわかるようになりました。ときには、クリヤーな写真を撮って
みたいという想いが込み上げてくるのも事実です。このようなときは、ツァイス(コシナ)
レンズなどを使えば良いような気がしてきました。
 
 多くの写真を拝見させていただき、しっとり感というか?、その場の空気というか?
なにか雰囲気の違うものを感じていました。そこには必ず、「RVP100」、「RVP」
「E100 VS」などの略号が記載されています。この略号が何を意味するのか?は
天道虫はわからないままでいましたが、カメラ屋をしていた友人との話の中で
この略号は、ポジフィルムの種類を表していると知りました。また、ポジフィルムの
本来の楽しみ方は、ライトボックスとルーペで鑑賞するのが基本だと教えていただき
ました。当然、友人からは幾度もポジフィルムの素晴らしさを聞いたことでしょうが
天道虫は、東洋蘭の素朴な花や香り、真空管アンプの製作やデジタルの音では
味わえない”まろやかな音色”に関心があったと思います。また、この2年間に育んで
きた写真というものが、あまり意識してこなかった領域を見直す機会を与えてくれた
と思うようになりました。
  
 sonyの においては1224万画素を有するボディー(α700 )が昨年の秋に販売され、
今年中には、撮像素子の大きさが35mmのボディー(α900)が具現化されると言われ、
デジタル一眼カメラが時代を代表するカメラになりました。銀塩カメラの愛好家が激減する
中で、ポジフィルム(リバーサルフィルム)の存続が危ぶまれていることも知りました。
しかし、いつまでもポジフィルムが楽しめるようにして頂きたいと願っています。
ポジフィルム1コマ当たりにかかる費用は、フィルムと現像代を合わせて50円程度
でしょうか? シャッターを1回押す度に、構図は?絞りは?シャッター速度は?と自問自答
することになるでしょう! 今までと違った新たな緊張感を味わうことができるかもしれません。
この50円の出費を、高いとみるか安いとみるかは、個人の価値判断基準に委ねることに
します。
 
 科学技術の進歩と共に、デジタル一眼カメラの性能は、各社共に競合しながら年々アップ
して、目を見張る勢いがあります。このスパイラルに飛び込む勇気(気力?)が少なくなって
きているのが事実で、今まで見過ごしてきた領域を、ぼちぼちと振り返ってみたくなりました。
 
 東洋蘭の凛としたメチル・エピジャスモネートという分子の香り や 真空管アンプから漂う
まろやかな音色は、ポジフィルムの写真と、なにか共通項なるものがあるような
気がしています。
 
 FUJIFILM 
  ☆RDP Ⅲ・・・・・・・・・プロビア 100F (PROVIA 100F)
  ☆RVP 50・・・・・・・・ベルビア 50 (Velvia 50)
  ☆RVP F・・・・・・・・・・ベルビア 100F (Velvia 100F)
  ☆RAP F・・・・・・・・・・アスティア 100F (ASTIA 100F)
  ☆TREBI 100c・・・・・トレビ 100c
[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-12 13:00 | 機材
2008年 01月 11日
   天道虫の歩み と 一つの節目
 カメラとのつき合いは、ミノルタのSR-T101からなので、30年は過ぎました。
当然、MFだけの機能しかありませんが、若い女性の姿もこのカメラに収めましたし、
このカメラにかなりの愛着があります。
シャッターをどれだけ押したか?(フィルムをどれだけ使ったか?)というと、普通の人
(家族写真撮影)に比べれば多いですが、写真そのもを楽しむことはありませんでした。
   
 1991年に、どうしても仕事でAF機能が必要になり、やむなく ミノルタの α-8700i を
入手しました。その後、このカメラのお陰で、家族写真や趣味で栽培している東洋蘭の
写真を撮ることができました。東洋蘭の花を撮影するために、カメラ屋をしている友人
からタムロンのマクロレンズ(90mm)を借りました。今ほど簡単にレンズに関する情報が
入手できない時代に、マクロレンズを直に手にすることができ、撮影できたことに感謝
しています。では、どのようにしてHP用の東洋蘭の写真を用意したかというと、お気に
入りのネガフィルムを写真屋さんでプリントしてもらい、その後、写真を普通のスキャナー
で読み取るという非常に面倒な手順を踏んでいました。
 
 2005年の秋、デジタル一眼カメラもかなり熟してきたし、HP用の画像をもっと手軽に
欲しいので、とうとう!コニカミノルタの αsD を入手してしまいました。このデジタル一眼
カメラを手にしたのが、趣味としての写真のはじまりでした。コニカミノルタの終焉をむか
えたときは、なぜ!デジタル一眼カメラを購入するときに、キャノンやニコンにしなかった
のかと悔やみました。今は、sonyがコニカミノルタを引き継いでいただいたので安堵
していますし、α100、昨年の秋にα700、この春にα200と新機種の販売が行われます。
更に、35mmサイズのカメラが今年中に販売されると言われていて、楽しみと期待が
増しています。
 
 特に、この2年間、インターネットを介して、極めて多くの情報(人、写真、機材など)を
入手できたことでしょう! 有り難い出会いに感謝しています。
 
                                      < 一つの節目として >
 
[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-11 20:26 | 機材
2008年 01月 06日
   Distagon T* 35mm F2.8 その2
一度も使ったことがないレンズ、それが Distagon T* 35mm F2.8 だが
いろいろと調べてみるのも楽しい。

ディスタゴン ( ツァイスのレトロの代表 ) は、その多くが20世紀後半の
最高の設計家の一人、エアハルト・グラツェルの設計だが、このレンズは
1949年にハリー・ツェルナーが設計したといい、レンズ設計者の名前が
出てくるというのも何故か心惹かれる。

天道虫ぐらいの世代 ( ほぼ団塊の世代 ) には、
” 英国製 ”・” 米国製 ”・” 日本製 ”ではなく ” GERMANY ” という言葉の響きに
心が引かれ、日本製だが、より”独製”の色合いの濃いレンズに憧れてしまう。
f0046158_13571877.jpg

 αSD + STF 135mm F2.8[T4.5]  


  ☆コンタックスMF一眼レフ用
  ☆画角 : 62度
  ☆レンズ構成 : 6群6枚
  ☆最小絞り : 22
  ☆最短撮影距離 : 40cm

”カメラスタイル”という雑誌に、築地氏のコメント
 ★コントラストが良好でヌケの良さは抜群
 ★ツァイスの広角レンズの入門用としてお勧め

”CAMERA”という雑誌には
 ★絞り F8 で解像力の最も高い描写

使ってみる機会があればよいのだが、なかなか時間的な余裕もなく
日々過ぎていく・・・・・・

[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-06 14:15 | 機材
2008年 01月 05日
   グリップストラップ KGP-04
ハクバの ”グリップストラップ KGP-04” を愛用して半年になります。

カメラに付属しているストラップが長すぎて、三脚を使用していると邪魔に
なり、何度かひっかけてカメラごと三脚を倒しそうになりました。
今でも、その瞬間を思い出すと体が・・・・・・

三脚を使わない街角撮影のとき、このストラップを装着すれば、
カメラと手とのフィット感がよく、気楽に街中を歩くことができます。

使用感などに関するHPはクリックすると表示されます。
参考にしてください。
[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-05 10:58 | 機材
2008年 01月 04日
   飛鳥寺界隈 と Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS
3日は寒さも緩み、温かく長閑な日でした。
久しぶりに飛鳥寺界隈をぶら~りと・・・・・・

今回は、Planar T* 50mm 1本だけの風景写真
試し撮りも兼ねながら散策を試みました。
散策していると、汗ばむほどの暖かさでした。

     初夏、蓮が天道虫を待っていてくれるところ・・・
     真正面の寺が 飛鳥寺
     左前方に 蘇我入鹿首塚
f0046158_174744.jpg

     泥田の中で、春をじっと待っているんだよね!
f0046158_175662.jpg

     蘇我入鹿首塚  飛鳥寺から真西へ20m
     向こうの丘は甘樫丘
f0046158_1762562.jpg

     飛鳥寺
f0046158_1765754.jpg

f0046158_1773143.jpg

     甘樫丘を臨む
f0046158_178690.jpg

     ある丘から 二上山と畝傍山を眺める
f0046158_1784051.jpg

     お気に入りの石仏
f0046158_1791485.jpg

 αSD + Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS  


[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-04 17:09 | 飛鳥
2008年 01月 03日
   石上神宮(いそのかみ)   <旧官幣大社>
桜井へ向かう”山辺の道”の起点となる石上神宮へ
早朝に妻と一緒に初詣をしました。
朝の冷え込みは、さほど厳しくなく、人気もない
境内は静まりかえっていました。

石上神宮は、名神大社二十二社中の中七社に
位置します。
また、「七支刀」(ななさやのたち)をはじめ多くの
国宝や重要文化財が保管されています。

万葉集には
「 石上 布留の神杉 神さびし 恋をもわれは 更にするかも 」 とうたわれました。
f0046158_1357341.jpg

                  ☆旧官幣大社の石上神宮
f0046158_13583934.jpg

f0046158_13592992.jpg

f0046158_13594651.jpg

f0046158_1416314.jpg

f0046158_14244139.jpg

                  ☆上がり藤
f0046158_140629.jpg

 αSD + AF85mm F1.4G[D]  


[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-03 13:58 | 天理
2008年 01月 02日
   film scanner その2
エプソンの GT-X970 を調べていましたら
有益なコメントが、インターネット上に掲載
されていることがわかりました。
わざわざ掲載されていますので、共有する
ことが大切だと思い・・・・・
掲載された方々に、感謝・感謝しています。

☆http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413440119
 Yahoo!知恵袋
 実に明確に解説されていて、天道虫は感動しました。

☆http://www.asahi-net.or.jp/~RN6H-IMI/scaner2.htm
 フィルムスキャナー DiMAGE Scan Elite 5400
 フラットベッド スキャナー EPSON GT-X700
 2機種の具体的な比較で、
 この緻密な比較をするには、かなりの時間が必要だと思いました。

☆http://www.epson.jp/products/printer/inkjet/colorio/printtechnic/10/index.htm
 エプソンによる”GT-X970”の解説
 増田賢一氏のリポートで、ダウンロードも可能!

本当にありがたいです。
[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-02 00:03 | 機材
2008年 01月 01日
   迎春
新年あけまして、おめでとうごうざいます。
今年もよろしくお願いします。

拙宅から北へしばらく行くと花の問屋が
何軒もあり、季節ごとの瑞々しい花々が
所狭しとならべられています。
おまけに安いことがありがたいことです。
写真に撮ったとき階調が出るであろう
2鉢のシクラメンが拙宅に来ることになりました。
何よりも、うす紅色系の色合いが幸せに・・・・・

やはりシクラメンを STF135mm で撮影して
みたくなりました。
1本だけではと思い、macro100mmも取り出し、
ボケとしっとり感の比較でも・・・・・
f0046158_13523051.jpg

f0046158_14134842.jpg

f0046158_14151193.jpg

f0046158_14152617.jpg

 αSD + STF 135mm F2.8[T4.5]  



久しぶりに macro 100mm でも撮影しました。

f0046158_2065410.jpg

f0046158_2010796.jpg

 αSD + AF MACRO 100mm F2.8(N)  


[PR]

by tentoumusi7788a | 2008-01-01 14:24 | 草花