カテゴリ:葛城( 4 )

2006年 12月 06日
   Flektogon 35mm F2.8 (シルバー金属絞りリング)
   コントラストをやや弱くして、天道虫好みに調整
   このレンズはコントラストを中心に製作されたように思えた
   中古レンズだがピントは 合わしやすい
f0046158_19145784.jpg

f0046158_19162137.jpg
f0046158_19164029.jpg

 αSD + Jena Flektogon 35mm F2.8 (シルバー金属絞りリング)  


[PR]

by tentoumusi7788a | 2006-12-06 19:15 | 葛城
2006年 12月 03日
   晩秋の二上山を望む (1)
   天気も良いので とことこと 歩いて・・・・
   今では珍しい 畦豆(あぜまめ)の天日干し
f0046158_12491746.jpg

f0046158_12493098.jpg

f0046158_15565448.jpg

 αSD + Jena Flektogon 35mm F2.8 (シルバー金属絞りリング)  



撮影場所

[PR]

by tentoumusi7788a | 2006-12-03 09:30 | 葛城
2006年 12月 03日
   晩秋の二上山を望む (2)
   朝方はとても寒かった
   今は9時すぎ 丁度いい塩梅の気温

   Flektogon 35mm F2.8 (シルバー金属絞りリング)
   このレンズの写りに戸惑!!   
   コントラストを重視したレンズ??
   (ゼブラ模様)のレンズと違う!
f0046158_16185470.jpg

   近鉄南大阪線の電車をパチリ!
f0046158_17551328.jpg

f0046158_161441.jpg

   ほどほどに歩いたので 昔ながらの店で 「中将餅」も美味しく
f0046158_1614090.jpg
f0046158_1621562.jpg

 αSD + Jena Flektogon 35mm F2.8 (シルバー金属絞りリング)  



続 1枚 ・ 撮影場所

[PR]

by tentoumusi7788a | 2006-12-03 09:30 | 葛城
2006年 11月 26日
   二上山(にじょうざん・ふたかみやま)を望む
   金剛・葛城山地の北端
   雌岳(左、標高474m)・雄岳(右、標高517m)の二つの頭をいただいているのが二上山

   古くからの呼び名 「 ”ふたかみ”やま 」 は 「 ”二神”山 」
   雄岳・雌岳の間に夕日が沈む姿から、神聖な山として・・・・

   雄岳山頂付近に、謀反の疑いをかけられ自害した大津皇子の墓が!
   近畿各地で発掘されている石器のほとんどが、二上山系の「サヌカイト」を!
f0046158_9455393.jpg

f0046158_1013523.jpg

 αSD + aus Jena DDR T 50mm F2.8 (ゼブラ模様)  


   Flektogon 35mm F2.8 (ゼブラ模様) のレンズは 天道虫のお気に入り
   雄岳・雌岳の間に夕日が沈む風景を、新池の堤から是非撮りたい!
   町並みが写るのが惜しいが、二上山の形が綺麗

f0046158_14411379.jpg

   早朝から活動していたが、雨あしが強くなり
   当麻寺駅前の「中将餅」をお土産にして・・・・・

   当麻寺の中将姫伝説にちなんだ「中将餅」が名物
   香り高い一口大のよもぎ餅にこしあんをのせ、ボタンの花びらをかたどったもの
   当麻寺にお参りした後、お店の中でもいただけます!
   田舎であるが、店の中には4人の働き手が忙しく・・・・

f0046158_1444345.jpg

 αSD + Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 35mm F2.8 (ゼブラ模様) 



撮影場所

[PR]

by tentoumusi7788a | 2006-11-26 09:45 | 葛城